学資保険はどれくらいの金額?

今子育て世代の多くの人が加入しているのが学資保険です。
子供が生まれると、両親や周りの知り合い、銀行などから学資保険のおすすめを受ける人が多いでしょう。

まだ子供が小さいのに保険は必要なのかと思う人もいるでしょう。
保険というと生命保険や医療保険を思い浮かべる人が多いです。
しかし学資保険は、名前の通り将来の教育資金を計画的に貯める保険内容になっています。
そのため、子供が小さなころから契約すると長期間で教育資金を確保することができます。

そこで学資保険は一般的にどのぐらいの金額で設定している人が多いのでしょうか。
周りの人に聞こうと思っても、ママ友には聞きにくいという人も多いのではないでしょうか。

各家庭の経済状況や子供の人数、年齢などによっても大きく異なります。
子供が0歳のときに加入した場合、一人当たりの学資保険の加入金額を参考にするといいでしょう。

学資保険を加入する際に、少しでも早く加入することがいいと勧められます。
それは早く加入すると支払い期間が長くなるため、毎月の負担額が少なく済みます。
そして契約者に万が一のことが合った時に、保険料の支払いの免除が適応されるからです。

0歳児で加入した際、支払い額で多いのが1万円から1万5000円以内です。
その次に多いのが5000円から1万円未満です。
毎月の支払いでも、経済的に負担が少ない様に設定している家庭が多いです。

支払いに関しては、年に3回支給される児童手当をそのまま学資保険用として活用している人が多いです。
児童手当は0歳から3歳まで15000円、3歳以降は10000円が支給されています。
児童手当でまかなえる範囲で契約する人が多いです。
1万円から1万5000円で設定している場合、各保険会社によっても異なりますが、受け取り金額が200万円ぐらいになる場合が多いです。

学資保険の受け取りは17歳から18歳に設定されている場合が多いです。
大学入試や入学で一番まとまったお金が必要になります。
その資金として学資保険を活用している人が多いです。

トップに戻る