学資保険は何歳から出来る?

子供が生まれると周りから学資保険の勧誘を受けることが増えます。
保険の勧誘と聞くだけで抵抗感がある人もいるのではないでしょうか。
特に産後の場合、新生児との新生活で精一杯で、保険のことを検討する余裕がない人もいます。

その反面、実際に学資保険に加入している人は年々増加しているのが現状です。
学資保険は今の子育て世代にメリットがあると判断されているからではないでしょうか。

学資保険の一番の特徴は、長期間で計画的に教育資金を確保することができるということです。
今の子供たちの大学への進学率は高くなり、教育費の負担額がとても増えてきています。
子供が大きくなり、進路を決める際に親の経済力を理由にあきらめさせたくないと思う人が多いです。

ある程度まとまったお金を確保するためには、なるべく長い期間をかけて貯めることで毎月の負担額を減らすことができます。

学資保険を加入する際になるべく早くから加入したほうがいいといわれる理由の一つになります。
それでは実際にどのぐらいの年齢から加入することができるのでしょうか。

実際に加入した人の多くは生後半年以内に加入しているケースが多いです。
出産後3カ月ぐらいまでは、赤ちゃんとの新生活に慣れるまでに時間がかかり、保険のことを考える余裕がない人が多いです。
まだ赤ちゃんも首が据わっていない状況なので、外出するのが難しいという問題点もあります。

3カ月後ぐらいから外出する機会が増え、周りの同じぐらいの月例の子供と知り合い情報交換をするなかで学資保険の話題がでることが多いです。
なるべく早く加入した方が毎月の負担額も少なく、返戻率も高い場合が多いので得だと判断される場合が多いです。

各会社によって異なりますが、今では妊娠中に加入することができる学資保険もあります。
出産140日前から加入することができ。
ちょうど妊娠6カ月ぐらいで安定期に入るため、行動もしやすく時間の余裕が持てる時期です。
妊娠中であれば、夫婦で話し合いながらじっくりと検討することができるのでお勧めです。

トップに戻る