学資保険の意味とは

学資保険という名前は知っていても、保険内容や特徴などを説明できる人は少ないのではないでしょうか。

そこで学資保険とはその他の保険とどのような違いがあるのか、そしてどのような意味があるのか知っておきましょう。

学資保険の一番の特徴は、将来必要となる教育資金を準備するための保険ということです。
今少子化が進み、一世帯の子供の数が減少しています。
一人もしくは二人が平均的になっていて、三人以上の子供を育てている家庭が少なくなっています。

これによって一人にあてる教育資金に余裕ができ、大学進学が一般的になりました。
そして習い事なども豊富になり、教育にかかる費用が年々増加しています。
子供一人をすべて私学に進学させた場合、約2000万円の教育資金http://saveethnicstudies.org/mirai2.htmlがかかるといわれています。
特に教育資金としてまとまった費用がかかるのが、大学入試の時です。

学資保険では大学入試時にまとまった教育資金を受け取れるように設定されています。
設定額の平均は200万円前後で、長期的に無理なく確保することができます。

学資保険のもう一つの意味は、契約者に万が一のことがおきた場合の保障です。
契約者の多くは、家計の主な生計者になる場合が多いです。
子供が小さい頃はどちらかが、子育てに専念していることが多いです。
そのため契約者に万が一のことがあった場合、収入源がなくなってしまいます。

学資保険では万が一のことがあった場合、保険料の免除が適応されます。
そして契約時に設定したお祝い金を全額受け取ることができます。
将来の教育資金を確実に確保することができるため、安心して子育てをすることができます。

学資保険では貯蓄性が重視されたものと、子供保険が適応させるものに分かれます。
貯蓄性の場合は返戻率が高いものを選ぶと、より少ない金額で目標額を貯めることができます。
子供保険を重視した場合、学資保険料金分が掛け捨てとなり元本割れをします。

どちらの保険の場合でも、将来の教育資金の確保と契約者に万が一の時の保障は受けることができます。
そのため何を重要視するかで保険内容が異なります。

学資保険は返戻率で選ぶやり方もあります。

トップに戻る